スポーツしている人もそうでない人も、大人になるにつれ体が固くなっていくもので。

 

仕事柄アスリートと接する機会が多いので感じるのですが、彼らは「子供の頃普通にできていたのに、大人になるにつれできなくなってきた」ことが結構あるんですよね。。

これは「頭が固くなった」とかいうメンタル的な話ではなく、自分も気がつかない間に体の状態が変わってるってことを意味しています。

 

例えば、これを読んでるあなたは成人以降(18歳)という前提で書きますね。

今、逆立ちできますか?

意外とできない人、多いんじゃなかろうかと思います。

そして大半は、「逆立ちぐらいできるやろ」と思ってやってみたけどできなかった、みたいな。

 

こうしたように、人の体は自分が気がつかないうちに変わっていくので、スポーツやってる人もそうでない人も、各々の健康維持のためにできることはやりたいですね。

ブリッジがなぜ注目される

アスリートならともかく、自分の体に時間と労力をたくさんかけられる方は、現代日本には少ないのが現実です。

なので、エクササイズとか体操は「簡単にできて、効果が実感できるもの」しか続きません

(アスリートであっても、基本はそうなんですが)

 

なので今日は、昨日ツイートにあげて割と反応があったオススメのエクササイズを紹介します。

ブリッジですね。

 

シンプルです。

そして、やってみると「こんなできへんねんや」ってなるはずです。

 

小学生の頃はたいていの人がやったことがあるはずで、でも成長するにつれやらなくなった動作です。

いつの間にか、こんなにできなくなってきたのか。。とショックを受ける人もちょいちょいおられます笑

 

けど、このブリッジ動作、シンプルながら体に良い効果がたくさんあり、 効果も実感しやすくオススメのエクササイズなんですよね。

ブリッジが万人にオススメな理由

ブリッジは、この姿勢を取ることそのものにメリットがあり、

  • 猫背の改善に役立つ
  • 肩〜背中の筋肉を使うことで、肩こりや腰痛の緩和に役立つ
  • 座りっぱなしで凝り固まった骨盤前面をストレッチできる
  • ケツをかなり使うので、美ケツ効果あり

と、現代人が失った多くのものを取り戻すことができます笑


図にすると、こんな感じです↓

控えめに言って、こんなにシンプルで効果のあるエクササイズはなかなかないと思ってます。

現代人は1日一回ブリッジをやろう

大人になるほどデスクワークが増えるし、それに伴って姿勢は悪くなるわ肩こり腰痛出てくるわ、よくないことばっかしです。

↑こんな姿勢続けとったら、そりゃ健康的じゃなくなるわ…

スポーツの世界では、「本当に効果的な方法は、お金をかけずにできることばかり」という言葉があります。

このブリッジなんか、まさにそうですよね。

 

ちなみに、スポーツしてる方でこのブリッジをさらにスポーツパフォーマンスに繋げたい方は、

  • ブリッジのまま立ち上がる
  • ブリッジのまま歩く

とかの応用をすることで、かなり体の操作性も上がりますし、オススメです。

僕はどちらもできませんがw

 

ということで、現代人の皆さんは未来の健康維持のために、1日一回ブリッジをやりましょう。

僕もこのブログ書き終わったらやりますね。

 

ほなまた。

追記:本音を言えば

追記:2019年8月現在

僕が本当に有益な情報だと思うことや、SNS・このブログなどで言えない本音などは今後、noteの定期マガジンで書くことにしました。

月額980円と金銭的には大したことはないですが、有料の壁を作ることで、スポーツ分野の理学療法士やトレーナー(学生含む)の方にとって、「本当に必要な情報」や、一般的に広めちゃうとマズイ(炎上しちゃう真実など)情報を発信しています

コスパは保証します。気になる方は以下からどうぞ。

note定期マガジンのページへ

追伸2:「僕がスポーツで独立するまでにやってきたこと全て」をテキスト化しました!

このコンテンツは、理学療法士で当時23歳だった僕が、スポーツで独立するまでにやってきた全てのことを書いたテキストです。

総数20000文字、かなりのボリュームですが、巷には出回っていないリアルな実話なので、これからスポーツを仕事にしたい(独立したい)人にとっては役に立つと自負しています。

詳細はこちらから