どうも、西川です。

今日は結構固い話ですが、競技スポーツに関わるトレーナーの役割についてです。

 

結論を先に言うと、トレーナーの最大の役割というか仕事は、冒頭のツイートの通り

「指導者と選手の橋渡し」

だと思うんですよね。

 

そりゃ、トレーナーのやるべき仕事や必要なスキルは多岐に渡りますが。

けど、競技スポーツで関わる以上、個人スポーツであってもチームであり、またチームは生き物であるので、自分(トレーナー)のスキルだけでチーム全体がよくなることはあり得ません。

 

やはり僕の中では、『選手を中心として、関わる人間の総力戦』というのが一番ベターな表現だと思っています。

↑こういう感じです。アスリートを中心に、コーチや医師、エージェントなんかもスタッフそれぞれが総力することでチームの成果が出る、という図。トレーナーはこの中の一つ。

 

で、やっぱりその中でもコーチというのは特別で、ある意味選手に道を示す存在であるし、一番その競技のことを熟知している存在です。

であるがゆえに、時に選手とコーチは衝突します。

これは悪いことではなくあってしかるべきなのですが、この衝突がその後のチームにいい結果をもたらすこともあれば、最悪ケンカ別れとかになってしまう可能性もあります。

なので、ここを上手く取り計らうのがトレーナーの仕事…というのが僕の持論なんですよね。

 

最新のトレーニング理論を駆使して指導することよりも、

神の手(なんか存在するのか知らんけど)のような治療をするよりも、

この『橋渡し』というのがチームにとって一番の役割だろうと、最近特に海外で仕事をしていて思っています。

 

と、抽象的な話になってしまったので、最後に具体的なストーリーを交えて終わりたいと思います。

ツイートを貼り付けただけですが、悪しからず笑

おしまい。

追記:本音を言えば

追記:2019年8月現在

僕が本当に有益な情報だと思うことや、SNS・このブログなどで言えない本音などは今後、noteの定期マガジンで書くことにしました。

月額980円と金銭的には大したことはないですが、有料の壁を作ることで、スポーツ分野の理学療法士やトレーナー(学生含む)の方にとって、「本当に必要な情報」や、一般的に広めちゃうとマズイ(炎上しちゃう真実など)情報を発信しています

コスパは保証します。気になる方は以下からどうぞ。

note定期マガジンのページへ

追伸2:「僕がスポーツで独立するまでにやってきたこと全て」をテキスト化しました!

このコンテンツは、理学療法士で当時23歳だった僕が、スポーツで独立するまでにやってきた全てのことを書いたテキストです。

総数20000文字、かなりのボリュームですが、巷には出回っていないリアルな実話なので、これからスポーツを仕事にしたい(独立したい)人にとっては役に立つと自負しています。

詳細はこちらから