どうも、西川です。

今日は結構固い話ですが、競技スポーツに関わるトレーナーの役割についてです。

 

結論を先に言うと、トレーナーの最大の役割というか仕事は、冒頭のツイートの通り

「指導者と選手の橋渡し」

だと思うんですよね。

 

そりゃ、トレーナーのやるべき仕事や必要なスキルは多岐に渡りますが。

けど、競技スポーツで関わる以上、個人スポーツであってもチームであり、またチームは生き物であるので、自分(トレーナー)のスキルだけでチーム全体がよくなることはあり得ません。

 

やはり僕の中では、『選手を中心として、関わる人間の総力戦』というのが一番ベターな表現だと思っています。

↑こういう感じです。アスリートを中心に、コーチや医師、エージェントなんかもスタッフそれぞれが総力することでチームの成果が出る、という図。トレーナーはこの中の一つ。

 

で、やっぱりその中でもコーチというのは特別で、ある意味選手に道を示す存在であるし、一番その競技のことを熟知している存在です。

であるがゆえに、時に選手とコーチは衝突します。

これは悪いことではなくあってしかるべきなのですが、この衝突がその後のチームにいい結果をもたらすこともあれば、最悪ケンカ別れとかになってしまう可能性もあります。

なので、ここを上手く取り計らうのがトレーナーの仕事…というのが僕の持論なんですよね。

 

最新のトレーニング理論を駆使して指導することよりも、

神の手(なんか存在するのか知らんけど)のような治療をするよりも、

この『橋渡し』というのがチームにとって一番の役割だろうと、最近特に海外で仕事をしていて思っています。

 

と、抽象的な話になってしまったので、最後に具体的なストーリーを交えて終わりたいと思います。

ツイートを貼り付けただけですが、悪しからず笑

 

追伸:『選手の体を学ぶテキスト』300部突破!!


トレーナー、PTなどの専門家から、指導者監督、保護者、選手本人すべての方が共有できるテキストが完成しました。

おかげさまで、300部を突破!!

150部を機に値上げさせていただきましたが、申し込みのペースは全く落ちる気配がありません…

今はまだ飲みに行くくらいの金額ですから、西川に居酒屋でおごったと思ってポチってくださいませ。

『選手の体を学ぶテキスト』詳細はこちら

追伸2:スポーツを仕事にしたい理学療法士の方へ

毎月先着30人限定で、僕が行った
「療法士がスポーツを仕事にするセミナー」
の動画(約100分)を無料で配布しています。
有料で行なったセミナーなので、
これから本気でスポーツを仕事にしたい
と思う人のみお渡ししています。
ちなみにこのセミナーをキッカケに
多方面でスポーツを本業にした先生が
多く出ています。
以下、セミナー動画の配布条件です。
  • 自身の現状(勤務状況やスポーツとの関わり)、今後の目標を話していただけること
  • 配布動画を全て見て、その後感想などの連絡をしていただけること
  • スポーツ分野を仕事にしたいという強い気持ちがあること
これらが当てはまる方(現職PT、もしくはPT学生)のみ、以下のLINEまで
「ブログを見ました。セミナー動画希望』
とメッセージください。
※メッセージがないとLINEが届かないので、
必ず『ブログを見ました セミナー動画希望』
と一言添えてください。
〜西川匠 公式ライン@〜
スマホからはこちらをクリック↓
友だち追加
スマホ以外の方は
『@bhs0758k』をID検索
(@をお忘れなく)

 

追伸3:「僕がスポーツで独立するまでにやってきたこと全て」をテキスト化しました!

このコンテンツは、理学療法士で当時23歳だった僕が、スポーツで独立するまでにやってきた全てのことを書いたテキストです。

総数20000文字、かなりのボリュームですが、巷には出回っていないリアルな実話なので、これからスポーツを仕事にしたい(独立したい)人にとっては役に立つと自負しています。

詳細はこちらから