ども、西川です。

今日は理学療法士の年収について。

「年収あげてくれよぉ〜〜」って嘆くPTは多いです。

多分、これを読んでいる勤め人のPTの多くは思っていることでしょう。

 

では、逆に僕から質問です。

あなたの給料は、いくらが適正価格だと思いますか?

そして、それはなぜですか?

 

これを筋の通った理由でプレゼンできないのなら、給料が上がることはないでしょう。

 

ちなみに、僕は独立している立場ですが、現状のPTの給料を、客観的に妥当かどうか計算してみました。

結論言っちゃうと、PTの平均年収である406万は「もらいすぎ」ですね。

というお話です。

給料に興味ある方はどうぞ。今の給料のままでOK!!という方はスルーしてください。

追記:本音を言えば

追記:2019年8月現在

僕が本当に有益な情報だと思うことや、SNS・このブログなどで言えない本音などは今後、noteの定期マガジンで書くことにしました。

月額980円と金銭的には大したことはないですが、有料の壁を作ることで、スポーツ分野の理学療法士やトレーナー(学生含む)の方にとって、「本当に必要な情報」や、一般的に広めちゃうとマズイ(炎上しちゃう真実など)情報を発信しています

コスパは保証します。気になる方は以下からどうぞ。

note定期マガジンのページへ

追伸2:「僕がスポーツで独立するまでにやってきたこと全て」をテキスト化しました!

このコンテンツは、理学療法士で当時23歳だった僕が、スポーツで独立するまでにやってきた全てのことを書いたテキストです。

総数20000文字、かなりのボリュームですが、巷には出回っていないリアルな実話なので、これからスポーツを仕事にしたい(独立したい)人にとっては役に立つと自負しています。

詳細はこちらから